■20190914(日)葛西臨海公園ナイトハーフマラソン(10km)

結果は以下。

  記録:48分16秒

  種目別順位:8位/59人

  男女別順位:82位

まあまあ、納得。

ちなみに、自分の過去最高は、

2018年2月25日の 南島原原城ラソン10km

の45分55秒。

今の暑い時期にこのタイムは絶対無理だが、

キロ5分以内では走りたい、というのが

まず第一の希望。

 

そしてもう1つ。大事な課題が

「昨年の五島夕焼けマラソンの不調の払拭」だ。

もう少し具体的にいうと、

「暑い中で、熱中症にならずに、

  ある程度以上のスピードで走りきる」

ということ。

 

五島夕焼けマラソンでは、完全に脱水となり、

熱中症となった。

倒れはしなかったが、そのあとの、5日くらいあと

だったと思うが、人間ドックを受け、

肝臓の数字が非常に悪く、再検査となった。

 

それまで自分は暑さには強い、と自負していたが、

このレースで、その自信はなくなった。

原因は明らかにつっこみすぎ。

キロ4分40秒くらいで入って、そのまま5kmを疾走。

とばし過ぎで息があがってしまい、そのタイミングで、

給水をとったところ、胃も痛くなり、大失速。

その後、急激な発汗があり、あとの半分以上の

距離をひさんなランニング状況で、走りとおしたもの。

 

しかし、今日は、そのときに比べるとずいぶん涼しい。

かつ、ハーフでなくて、10kmだ。

自信を取り戻すには・・・・

 

いろいろ考えた末、いっぱいいっぱいには

しないが、やはり、今の自分の全力はだそう、

と決意した。

結果として、キロ5分は切っての走りはできるはず。

 

そのように考えて、レースは18:15スタート。

最初の1kmは下り基調。

抑えた走ったつもりがキロ4分40秒だった。

速すぎる。。

でも、もう1kmそのまま走った。今度は少しだけ上り基調。

そこもキロ4分39秒だった。

この段階で、息がかなりくるしくなり、

ヤバい五島の二の舞かも、と思う。

 

ただ、冷静に身体の調子を自己モニターしてみると、

息は苦しいものの、脚は全く元気。

息は、もう少しすれば楽になるはず、

と思い、脱力して走った。次は、

キロ4分46秒。

ちょっとしか落とさなかったが、

やはり心肺の方がきつい。

ここで、一旦落とそう、としたところ、

次の1kmは5分12秒となってしまった。

 

やれやれ、やっぱり、これが自分の今の実力かな、

と判断。

ただ、そう思うと同時に、五島の時とは違う、

という実感も得た。キロ30秒落としたことで、

10kmは走りきれる、という実感を得たため。

なにより、心肺はきつかったが、脚は全く

問題なく動いていた故。

 

ここで、戦略を変更。

脚が十分生きているので、ストライド

広くのイメージに切り替えた。

筋力を少し使う方向で、タイムの落ち込みを

抑えよう、と考えたもの。

 

結果として、次の1㎞は4分54秒で走れた。

よし、このままいくぞ、と元気をだし、

それから8㎞まで、4分50秒を1、2秒切るペースで

走りとおすことができた。

そして、最後の2kmだが、8kmから9kmの

ところは、キロ5分3秒に落ちたが、

その分最後のラストスパートで、4分32秒にアップできた。

 

以上、楽しいレースだった。

 

これだけ走れれば、十分。

なにより、五島の払拭は完全にできた。

 

全体の感想としては、10kmは、

すぐ終わってくれて、スカッとしているな、と実感。

10月からは、ハーフのレースを

選択しているが、10kmにて、スピードを

追っていくのも楽しいなあ、と思ってしまった。

 

以上、楽しかった。

 

■20190913(金)通信を使わないパソコン

自分の自宅のパソコンは、通信を切って使っている。

具体的には、ギターの楽譜作成にのみ、

使っている。

 

もう5年以上使っているので、かなり古く、

通信をつなげていた時は、

「耐えられないくらい遅い」

状況で、いつ買い替えようか、と思っていたのだが、

通信を使わず、文章書きや上述の楽譜書きに

使ってみると、まったく問題なく快適。

 

このような状況から、

「通信を使わないパソコンを使う」

 というのを考えてみた。

 

通信を使わない、というのは、

「外部とコミュニケーションをしない」

ということで、これは、

「外部からの情報を受けない」

「外部へ情報を出さない」

というだ。

 

で、そうしてみると、本当にやることがなくなる。

そもそも言語自体が、

コミュニケーションの道具であるのだから、

それをしないということは、

ほとんどの役割を放棄するようなもので、

「通信できる」ということがパソコンの大部分の

役割なのかもしれない。

 

しかるに、インターネット普及前を考えてみる。

ゲーム、ワープロが、通信を使わない、

コンピュータの代表だろうか。

現在では、ポメラ、電子辞書とかだろうか。

 

ポメラで考えてみると、一部の方にだが、

熱狂的に支持されている。

 

理由は、たくさんの「ポメラ賛辞」が

インターネットで拾えるので、それをみれば

わかるところだが、

「等身大でサクサク使える道具感」

(使いやすい文書書きツール、ということ)

かと思う。

 

パソコンでそういう使い方を見つけられている、

という自分の状況は、とても幸運なのかも、

と思ってしまった。

 

しかし・・・・

問題はパソコンなので、寿命がある、ということ。

快適なうちに、データの移動を考えて

おかないと、いけないな。

 

■20190912(木)小さなことから大事にしよう

精神的にちょっとへこむことが連続した。

 

大したことではないのだが、

ことの大小の問題でなく、

「廻りの方の見方がそうなってしまった」

というところから、精神的にひっかかりがあり、

ちょっとブルーな気分。

 

まあ、わすれよう・・・

と思ったのだが、いやまてよ、

と思いとどまって、どうしたらよいのか、

継続して考えてみた。

 

多分に相手側にも原因はある(と思う)のだが、

「連続した」ということは、

「自分側に原因があり、治すべきところあり」

と思ってみることが必要だろう。

 

で、反省してみると、原因は、自分の

「説明不足」、「意思表示不足」

かな、となった。

さらに深堀してみる。

では、なぜそうなったのか。

 

 

「心遣いの欠落」

 

「小さなことでも礼を尽くす」ということだ。

で、普段は、意識せずにやれるはずのものと思うが、

それができなかったということは、すこし

忙しすぎということか。

もしくは、疲れが山積しているのかもしれない。

 

こういうときは、素直に助けを乞う、とかを

すべきであろう。

 

この場合も、必要なのは、

「礼を持って」、すなわち、「心遣い」だ

 

今一度、自分の仕事において、

「小さいことから、礼を持って大事にやる」

を徹底しよう。

そのときは、面倒に感じたり、疲れたり

するかもしれないが、後で精神的な引っかかりを

持つ状態になるほうが、よくない。

 

1つ1つだな。

 

■20190911(水)週末のレースに向けて

今週末は、葛西臨海公園で、夕方から

10㎞のランニングレースに参戦予定。

 

ハーフもあったのだが、今の暑い時期で、

練習も10㎞以上走っていない状況では、

ハーフは厳しい、と判断して10㎞と

したもの。

ちなみに、10月からは、ハーフに出る予定。

 

このところ、平日は、

通勤ランと昼休みランで1日合計で10㎞の

ランニングをしている。

土日は、バードウォッチングを早く切り上げたら

10㎞のスロージョグ。

 

このような状態なので、あまりタイムは

期待できないが、レースをコントロールする

楽しみは感じたいな、と思う。

 

あと、10㎞のレースとなった場合、

それまでの準備とか、どうするべきか、

というのもちょっと悩む。

ハーフであれば、前々日が、スロージョグだけ

になって、前日完全休養、というのが

自分のパターン。

 

しかし、10㎞でそこまでは

必要ないだろうと思う。

ただ、がっつり走るのもあまり

よくないようにも思う。

 

「前日にいつもの8割」

くらいかな。

 

■20190910(火)通勤ランのリュック

昨年は帰宅ランのみだったが、

現在は朝夕の往復のランニングになっている。

従い、ランニングの準備は2回分もっていっており、

結果として、昨年より通勤の荷物が多い。

 

それでも5月までは、会社のロッカーを

使えていて、そこにズボンとかは

おきっぱなしにできたので、

よかったのだが、6月からは、

共同の衣文かけのみになってしまい、

ロッカーはなくなった。

 

従い、着替えを全部

リュックで背負うしかなくなり、

荷物が結構増えている。

 

現在25リットルのランニング用の

ものを使っているが、パソコン、ノートまで

持ち歩く週末はほとんどぎりぎりだ。

 

で、心配なのが冬。衣類が増えると

思うが入るだろうか・・・・。

昨年も同じ心配をしたが、ロッカーを

上手く利用することで、事なきを得ていた。

しかし、今年はその手は使えない。

 

2年前、ランニングレース等の移動用に40リットルを1つ

購入しているが、これは、あまりに大きすぎた。

 

ということで、3035リットルのバックパック

必要となりそうだ。

しかし、「走って快適なもの」、となると

このサイズでは、見つけにくいかもと思う。

まあ、終末にでも、山の店を物色してみよう。

 

 

■20190909(月)暑さで体調を崩さないように

家内は血圧が高めなので、定期的に

病院へいっているのだが、今日は

肝機能の数値がとても悪かったとのこと。

 

おそらく、昨日自分がバードウォッチングで

場所をミステイクし、暑いところに

いってしまい、熱中症になったのだと思う。

 

というのは、自分が昨年、五島夕焼けマラソン

それは4日後の人間ドックだったが、

肝機能が悪くでてしまったのとまったく同じ

状況になっている故。

 

暑さというのは、思った以上に身体に

負担がかかるのだ、と再認識。

 

そういえば、台風明けの今日も

昼休みランニングしたのだが、

とても身体が重かったが、

これも台風明けの暑くて湿った

気候のせいが、多分にあるのだろう。

 

体調に十分注意していこう。

今週末の土曜日は、葛西臨海公園

10kmのレースだ。

 

■20190907.8(土)(日)バードウォッチング場所の選択

土日は、午前、午後と場所をすべて変え

バードウォッチングに動いてみた。

即ち、4か所。

東京港弘法山船橋三番瀬、舞岡公園。

結果としては、〇、〇、〇、×。

で、×の選択だけが、自分で、あとは

家内のお薦めだ。

 

結論として、家内の選択の方がずっといい。

おとなしく、家内のいうことを

聞いておくことにしよう。