■2022-10-06(木)次のフリーコンサートはアヌアヌエのギターで

次のフリーコンサートは、アヌアヌエのギターで

やることにする。

アヌアヌエのギターの他に通常のクラシックギターヤマハ

とサイレントギター(ヤマハ)の3本を代わるがわる弾いているが、

今月は、「右手のタッチの改善」に

取り組んでいて、アヌアヌエのギターを集中して

弾いており、このまま、今月はアヌアヌエのギターで

いこう、と思ったもの。

 

ヤマハクラシックギターも生ギターであり、

右手のタッチの改善のために使うには

よいギターなのだが、左手の親指のケガのため、

左手の押弦はなるべく楽にしたい。

その意図では、ショートスケールのアヌアヌエが

選択されるもの。

 

さてその「右手のタッチ」だが、

取り組みとしては、

「はじく」から「押す」に変えるイメージ。

ここで、「押す」というのが、

「まっすぐ上から下に押さえる感じ」

であり、音はそれを外してやることで

でるイメージ。

音の強さは、その押す強さで調整するもの。

 

このイメージに行きついたのは、

このイメージだと、右手の位置が、ごく自然に

かつ大きい範囲で動かすことができる、

ということに気付いたため。

「撥弦」(ひっかけて弾く)というイメージだと、

弦の弾く場所が固定されるような感じだが、

「押弦(右手で)」のイメージだと、上から

なでているような感じになるため、

ひっかかるイメージがなくなるもの。

 

もうひとつ、「押す」ことで、

一瞬弦の上で、指が止まってから弾かれる

イメージもあって、これが、音に

区切りみたいなものも持たせられる感じがする

こともよいと思えるもの。

 

もちろん、これらの音の違いは、

サイレントギターでも、感じられるのだが、

生ギターだと、「要らない音を消音する」

というところで、サイレントギターより

シビアなところがあって、ここが

よりいっそう練習になるな、と思っている。

 

ということで、ほぼ一か月くらい

アヌアヌエのギターのみ弾いてみて

の次回フリーコンサートの予定。

 

楽しめますように。

 

<過去の今日>

■20201006(火)ギターの状況

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/10/07/074138

2019-10-07 ■20191006(日)趣味のバランス

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2019/10/07

2018-10-10 ひさしぶりの飲み会

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2018/10/10

「寝る前ベット上での開脚前屈
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171010
「ゆっくり過ごす休日」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161010
「サイレントウクレレが届いた。」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151010
「書くことは深く考えること」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141010
「字を書くという機能」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131010

 

 

■2022-10-05(水)弾けない部分について

相変わらず毎日ギターを弾いているが、

「弾けない部分」については、

以前より、いろいろ考えるようになった。

 

以前は、「弾けない」というのは

「技術的に弾けない」のみと思っていた。

つまり、

「そんなに速く弾けない」

「そんな押さえ方できない」

ということ。

これについては、自分は技術的に下手と

自覚しており、うまく弾こうというより、

「ゆっくり弾く」、

「弾けないフォームは音を省いて簡単にしてしまう」

といったことしかないな、とやっている。

 

しかしながら、このところ、

「弾けない」というのは、それだけでなく

「音の鳴り方を理解していない」

「気持ちいい感じで弾けない」

ということもある、と思う様になった。

 

どういうことかというと、

「譜面どおりに弾くとどういう音になるか」

ということが、うまくイメージできない

箇所があって、ここは、指は動いても

ミスは多いし、ノリがない。

つまり、歌えていない、という状況だ。

これは、ごくゆっくり弾いて、

それを自分の耳でフィードバックして、

ということを、面倒がらずに

やる、ということをしないと

改善しない。

 

で、そういうことをやって、

うまく弾けるようになったとして、

そうしたところ、

「自分の歌い方と合わない」

ということも時々ある。

それもうまく弾けないケースとなる。

実際は、ゆっくり弾くとできるのだが、

音楽にのって弾くと、つい、

自分のノリになってしまって、

違う譜割りで弾いてしまう、

という状況になる。

 

こういう状況については、

「譜面通りにも弾けるが、

  自分はそう弾きたくないときは、

    自分の思う様に弾く」、

というのができれば、いいのだろうなあ、

と思う。

 

まあ、楽しくやっていこう。

 

<過去の今日>

2021-10-06 ■20211005(火)ときどき書けないとき

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/10/06/074023

2019-10-07 ■20191006(日)趣味のバランス

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/10/07/123000

2018-10-06 なんとか天気はもったようだ。

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2018/10

「来年の手帳物色」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171006
「ブログ一気書き」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161006
「朝の気分と夜食」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151006
「忙しいけど、それが楽しいと言ってみる」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141006
「トレラン用のゲイター購入を検討したが・・・」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131006

■2022-10-04(火)モチベーションの元

昔、モチベーションを保つものって

なんだろう、と考えたことがあった。

 

仕事においては、当然ながら

「食べていくため(お金を頂くため)」

であり、シンプルに

「生きる為」というのは、

意識せずとも、大きなモチベーションに

なっている、というかならざるをえない

のはわかる。

 

しかし、意識できるモチベーションとしては

もうちょっと違う。

 

よく考えてみたら、

「それをやるとどうなるか見てみたいから」

というのがモチベーションの元にあるな、との

思いに至った。

 

ということを考えたことを思い出した。

「それをやるとどうなるか見てみたい」

ということを、このごろ、やっているだろうか。

今一度、考えてみよう。

 

<過去の今日>

2021-10-05 ■20211004(月)岸田総理の話し方

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/10/05/074949

2019-10-06 ■20191004(金)長い距離を走れていない。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/10/06/203009

2018-10-04 ブログが滞る日

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20181004

「ギターとヨウム
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171004
「走れるようにはなったが」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161004
「インコはギターが好きなのか?」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151004
「時間はある」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141004
ソフトボール大会は延期」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131004

 

 

■2022-10-03(月)村上選手56号おめでとう

最終打席でホームラン!!

いや、ほんとすごい!!

 

このところ、絶不調だったので、

これは無理かな、と思っていたのだが

最後に出すところ、本当に

技術的、精神的にすごいレベルに

達しているのだと思う。

 

それと、昨日休暇をとらせた

高津監督、さすがです。

いろんな意味でこの采配が

ホームランに繋がったのでは、

と想像しています。

 

さて、あとはクライマックスシリーズ

がんばれスワローズ。

 

<過去の今日>

2021-10-04 ■20211003(日)ランニング能力はちょっとさがったか・・・

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/10/04/073738

2020-10-04 ■20201003(土)バードウォッチングの状況

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2020/10/04

2019-10-04 ■20191003(木)難しい会議

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2019/10/04

2018-10-03 ピロリ菌駆除の効果?

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20181003

「定年退職」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171003
「筋肉痛」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161003
「頑張れ日本ラグビー 」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151003
「寮生活開始」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141003
「通勤のエコ運動」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131003

 

 

 

■2022-10-02(日)実家の畑、人参とかぶを植えてみた

今週も実家へ。

このところの親父とのたのしみとなっている、

畑仕事をまたやってきた。

春に植えたトマト、ナス、ピーマンの収穫はそろそろ終了。

ひと月前に、きゅうりとかぼちゃが、

きゅうりが4本、かぼちゃは2つ、とちょっと

しか収穫できなかったのに対し、

トマトは、ミニトマトだが、2ヶ月にわたり、毎週100個、

ピーマン、ナスは大きいのが3つずつくらい、

とれて非常に楽しかった。



今週は、トマトが20個、ピーマン3つ、ナスは無し、

という状況だったので、そろそろ終了といったところ。

 

そこで、もう1畳くらいのスペースを

耕して秋ものを植えることにした。

 

草がぼうぼうに生えてしまっているのだが、

そこをシャベルで掘り返し、草と根っこを丁寧に

取り除いた。

1畳ほどのスペースだったが、それだけで1時間

かかった。いい運動だ。

そして、そこに肥料をまぜて準備は完了。

 

次に親父と一緒に、ホームセンターにいって

野菜の苗をさがしてみた。

残念ながら、いい苗はなし。

そこで種のコーナーに行って、

「9月から10月でも大丈夫」

というのを探してみた。

結局、最初に考えていた、人参とかぶの種を購入。

やはり葉ものは、害虫とかの対応が1週間に1度、

というわけにはいかないだろう、と思ったもの。

 

ということで、帰宅し種まきまで完了。

先週、種を巻いた大根(これも1畳ほどのスペース)

は早速芽がでていた。

以上、今週の畑作業は完了。

かなり雑な畑づくりなので、

「収穫できたらラッキー」

程度だが、続けていくことで

少しずつ、上手になれたらと思う。

 

<過去の今日>

2020-10-03 ■20201002(金)子供の絵本のように

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/10/03/190323

2019-10-04 ■20191002(水)CO2問題

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/10/04/120000

2018-10-02 やっと涼しくなってきた。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20181002

「体重は減ったが体力は・・・」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171002

「1週間のランニング調整へ」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161002

「1年経過」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151002

「部屋のアレンジ」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141002

「黒のジャージ」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131002

■2022-10-01(土)バードウォッチング用の防寒着を物色

今日は車で自宅から約20kmの距離にあるジョイフル本田へ。

ホームセンターと、食材が揃ったスーパーマーケット

の他に、2階に文房具専門スペースがあること、

スポーツオーソリティ店と

スポーツデポ店(こちらは、天外にでて200mほど)

があること、モンベル店があること、

といった状況で、自分がお買い物で楽しめる場というと

ここかな、と思う。

 

今日は、集中的に

「冬のバードウォッチングのための防寒着」

をみてまわった。

お気に入りはモンベルだが、

スポーツオーソリティにもいって、

コロンビアやその他メーカー品を物色した。

現状、すでにモンベルで、中間着用ダウン、

中間着用のフリース、そして、

モンベル他数社の汗冷え防止インナーを

もっている。

ここに、冬用の厚手の長袖シャツと

これもモンベルオールウェザー

雨具兼防寒具を組みあせている。

以上で、だいたいの寒さは耐えられるのだが、

冬の一番寒いときの朝とかになると、

もう少し、更に防寒が必要かな、と感じている。

また、家の中も、すごく寒くなるときがあって、

そういう場合にも使えるもの、ということで、

「厚手のフリース」を集中的に探してみた。

家の中でのフリースは、一番外に着るイメージでよいが、

外出の場合は、フリースは中間着として使いたい。

そうすると、あまり厚手はまずいか、

とか、矛盾することを考えながら物色。

なかなか楽しかった。

しかし、今日の気候としてとても暑い1日になって

しまい、寒さのイメージももう一つであったことも

あり、購入はまた今度とした。

しかし、特にモンベルにおいては、

「定価が安く設定されていて、バーゲンは基本ない」

という売り方であり、だいたいいいものは

ある程度の期間で売り切れになるケースがある。

なので、タイムリーに購入しなければ、

と思っている。

もちろん、気に入ったものでないと

購入はしないのだが、10月中を目処に

もう少しいろいろ検討してみようと思う。

 

<過去の今日>

2021-10-03 ■20211001(金)下期1日目は台風

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/10/03/081119

 

2019-10-02 ■20191001(火)忙しさのなかで

https://y1kirihara.hatenablog.com/archive/2019/10/02

2018-10-01今週末の筑後川マラソンに向けて

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20181001

「ひさびさのバードウォッチング」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20171001

「6時間の時差」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20161001

「「奉納」という考え方」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20151001

「長崎初日」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20141001

「弦の違いを楽しむ」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20131001

■2022-09-30(金)大谷選手 がんばれ!!!

昼休み、スマホをみると、

大谷投手が7回までノーノ―継続中と。

うお、これは・・・

スマホだが、「一球速報」にアクセスして

状況をフォローしてしまった。

1アウト・・・2アウト・・・。

もしかして、本当にそういうことが

起こるのか。

この場に至って、ノーヒットノーランとか

達成してしまったら、どんな騒ぎに

なるのだろう。

それこそMVPになれてしまう。

と思ってきたところで

ヒット発生。

 

いや、こんな少しの時間だが、

しびれてしまった。

大谷投手、ありがとうございます。

そして、今シーズンの規定投球回数まで、

あと1回。

絶対にケガしないで頑張ってください。

 

ちなみに、現在の毎日の風呂での

キンドル読書、

「SHO-TIME 大谷翔平

 メジャー120年の歴史を変えた男」

を読書中。

これがまた、面白くて、そういうなかで

こういう活躍をされると、

一段と応援せずにはいられない。

 

今シーズンもあとちょっと。

がんばれ、大谷翔平!!!

 

<過去の今日>

2021-10-01

■20210930(木) 緊急事態宣言やっと終了

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/10/01/073007

2018-09-30 台風で完全休養

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180930

「やはり日本がいい」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170930
「余裕を持って」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160930
「久々月間走行距離200km到達」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150930
「長崎へ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140930
「月間走行距離更新」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130930