■2024-06-14(金)黄緑に取り組んだ1週間

6月10日の記事で、

・絵の背景の「ボケ」の描き方

というのを書いているが、その後、朝15分の

出勤前の自由時間は、ひたすら「黄緑色」

を紙に塗っている。

100均で購入した、絵描き用のはがきを

使っているが、もう15枚も使ってしまった。

すべて黄緑色に塗られているだけ。

 

6月10日の記事では、

油性色鉛筆のハッチングでの表現がいろいろできそうだけど

背景にそんなに時間をかけても・・・・という内容になっている。

そこから、じゃあ、背景の表現として、どんなのができるか、

また、ボケの表現がもっとうまくできないか、をいろいろやっているもの。

具体的にやったことをメモっておく。

・水性色鉛筆でのファーストウォッシュのやり方いろいろ

・そこからの重ね塗り

・ハッチングによる濃淡

・ハッチングによる混色、

・水彩の水の量の調整。

・水彩での混色

といったことを試してみた。

さしずめ、初心者教室だ。

先生は?というと、夜、就寝前にみるユーチューブ。

「お絵描きテクニック」に関するものをサラッと鑑賞して、

面白そうなものを参考にした。

 

なかなか勉強になったのは、水彩での水の使い方。

あやつり方、といってもいいかもしれない。

均一に書くためには、紙面を傾けて水の流れをつくって

やるやり方があって、はがきなので、すぐできるな、

と思いやってみると、思いのほか簡単にできた。

写真のボケの表現としては、一旦水彩色鉛筆で

色付けしたところを、筆でぺたぺた水付けし、

インクを浮かしてやるやり方。

筆あとはつくのだが、それが小さな丸ベースになるので、

光の広がりみたいな表現になった。これはなかなかいいかも。

今度、綿棒をかってきて、この頭に水をつけてやってみようかな、

と思っている。

 

ただし、水彩の場合は、このような対応はすべて

「一発勝負」なので、「経験値=質の差」なのだろう。

 

あと、面白かったのは、混色。

緑が濃い部分や白色に近い部分などを

どうつくるか、というのが考えたのだが、敢えて、

緑色をつかわずに、黄色と青の混色で緑をつくると、

その混ぜ具合(油性ではハッチングの程度)で、

色がコントロールできて面白かった。

絵具だと、いろんな黄色と青を用意して、

その混色でできる緑色をバリエーションとして用意すると、

多彩な緑色表現ができて楽しいのだろうなと思う。

(持っている色鉛筆の色が少ないので、

  現在の自分はできないけれど・・・・。)

 

それと、青の代わりに水色、もしくは黄色の代わりにオレンジ、

を使うとどうなるか、もやってみたが、いずれも明るくなるのではなく、

灰色がかったものになった。

要するに「補色成分がまざると灰色になる」ということであろう。

 

以上、いずれも、絵を描く方にとっては、基本なのだろうな、と思う。

でも、初心者の自分としては新鮮。

 

さて、そろそろ次の作品を開始しようかな。

 

<過去の今日>

 2023-06-15 ■2023-06-14(水)がちがちだった

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/15/081110

2022-06-15 ■2022-06-14(火)ちょっとだけギターを弾いた

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/15/075711

2021-06-15 ■20210614(月)久しぶりのサンダルランにて・・

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/06/15/074330

2020-06-15 ■20200614(日)自分のためのデスクワーク

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/15/075122

2019-06-15 ■20190614(金)ギターアンプ

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/15/151736

2018-06-14 福の湯へ。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180614

「ランニングシューズの減り方」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170614
「会議漬け」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160614
「落語は大変深い文化かも、と思う。」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150614
「#142回クラスタ・フリーコンサート」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140614
「山場のまえ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130614

■2024-06-13(木)週末のフリーコンサートに向けて

今週末の土曜日がクラスタのフリーコンサート。

先月は、演歌を選曲したが、今回は沖縄の曲。

366日、涙そうそう三線の歌、の3曲を選曲している。

 

で、今回は、いずれの曲も曲の構成自体も

ストーリー性があっていいなあ、と感じているので、

いつもする、端折ったアレンジはしなかった。

その結果、少し長いかも、と思ったので、演奏時間を計測してみた。

いつもは、1曲3分程度なので、まあ、3曲は余裕で弾けるな、

と思いながら、時計を確認しつつMCを適当に話している

のだが、もしかして、その時間を管理しないとやばいかも、

と思ったもの。

 

結果は、5分、4分、4分。

15分枠での残時間は2分しかない。

 

最初に、曲目の紹介と、演奏で考えていることくらいを

3曲分ささっと話してしまい、後は演奏に集中するのが

よさそうだ。

 

あと2日。

相変わらず、自分の技術力のなさに、

葛藤しながらだが、練習していこう。

 

<過去の今日>

 2023-06-14 ■2023-06-13(火)がんばれエンゼルス

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/14/080308

2022-06-14 ■2022-06-13(月)テレビやインターネットから離れてみる事

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/14/080227

2020-06-14 ■20200613(土)THR5Aの使い心地

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/14/075727

2019-06-14 ■20190613(木)机を使わないでノート書き

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/14/122608

2018-06-13 水風呂

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180613

「鳥の雛観察」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170613
「鳥をみてなにが楽しいのか」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160613
LSD用のシューズ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150613
「ひざを気にしつつ、いつものトレランコースへ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140613
「さびてるけどちゃんと乗れます」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130613

 

 

■2024月-06-12(水)疲れる季節vs自転車通勤

昨年6月のこのブログ記事では、

 ・2023-06-14(水)がちがちだった

 ・2023-06-16(金)蓄積疲労

 ・2023-06-23(金)通勤ランを通勤ウォークに

 ・2023-06-28(水)脚の筋肉の張りについて

と、疲れに関する記事が多かった。

中身を読み返してみて、疲れていたことがわかる。

主な原因は通勤ランであろう。

ということで、昨年6月23日に通勤ウォーキングに切り替えた。

しかし、片道40分歩くことは、心肺機能的には、

全く疲れない(ので、ガーミン腕時計の

運動量としてもなかなかカウントされない)

のだが、脚の疲労としてはそこそこあった気がする。

 

そして今年も6月を過ごしている。

 

で、どうかというと、今のところ、昨年のような

疲れは感じていない。

おそらく理由は自転車通勤に変えたことであろう。

 

自転車運動は、歩きやランニングの特徴である、

着地衝撃がない。そのかわり、歩きやランニングより

強いトルクが円運動でずっとかかる。

そして、30分から40分かかっていたものが、

15分になった。

 

体感上は、運動の強度としては、

ちょっと上がった気がするが、運動時間が

圧倒的に短くなったので、

「とても楽」に感じている。

そのせいと思うが、昨年の6月のブログで

記載したような脚の疲れは現状無い。

 

自分としては、体調も全く悪くないので、

とても快適。

一応、ランニングレースのタイムも下がっていないし、

自転車通勤は、この状況で夏をすごせれば

「大当たり」と言いたい。

 

以上、まだ6月の前半が終わるというところ。

体調管理をしっかりしていこう。 

 

<過去の今日>

2023-06-13 ■2023-06-12(月)ソニック5の使用状況

 https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/13/082919

2022-06-13■2022-06-12(日)気力の回復について

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/13/081514

2020-06-13 ■20200612(金)干しブドウの誘惑

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/13/080305

2019-06-13 ■20190612(水)PILOTカートリッジインクパープルの印象

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/13/123000

2018-06-12 給湯器が壊れた!

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180612

「出張時の手帳書きの反省」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170612
「食後の飲み物」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160612
ノンアルコールビールだが・・・」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150612
「ランニング距離を戻してみたが・・・」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140612
体幹周りの筋肉のほぐし方は?」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130612

 

■2024-06-11(火)ひなた駐車の有効活用

現在、自家用車の駐車スペースには屋根が無い。

晴天の昼間は、車内温度が恐るべきことになっている。

現在、それを有効活用している。

(以前にも、1度記事にしていると思う。)

 

晴天の日は、朝、車の中に使っている布団を一式運び込む。

会社から帰ってきて、車から出した

布団は、ふかふかだ。

 

おそらく、60℃を超えるような温度に

一定時間以上なっている。

 直接太陽光にさらしていないので、

紫外線殺菌はできていないが、

ダニとか生物は、生きていられないだろうし、

乾燥もできている、と思う。

 

費用ゼロ。朝5分くらいがんばるだけ。

それで、夏の不快な車内の高温環境を

有効活用できる。

 そう思えることが、精神衛生上いい。

寝心地は、もちろんグッド。

これから夏本番。

晴れた日は、まめにやっていこう。

  

<過去の今日>

 2023-06-11 ■2023-06-11(日)昨日の健康診断より

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/11/190452

2022-06-12 ■2022-06-11(土)左手親指の状況

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/12/161018

2020-06-12 ■20200611(木)YAMAHA THR5A購入https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/12/080209

2019-06-12 ■20190611(火)PILOTカートリッジインクブラウの印象https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/12/123000

2018-06-11 シューグーをこまめに使う。https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180611

「それほど太らなかった理由」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170611

「久しぶりのサンダルランニング」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160611

「疲れを残さない走りとは」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150611

「ローコードでのストローク

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140611

「カラオケで歌う曲をギターで」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130611

■2024-06-10(月)絵の背景の「ボケ」の描き方

 土曜日に山登りして、ちょっと筋肉痛がでたので、

日曜日は外出するのをやめて、インドアで過ごした。

絵を描くのと、楽譜書き。

今日は、その絵描きついて書く。

 

相変わらず撮ってきた鳥の写真で、

気に入ったのを絵にしていて、今はセッカを描いている。 

毎朝、出勤前のちょっとした時間に鉛筆での

デッサンを仕上げていて大体できたので、

色塗りをして仕上げたもの。

セッカ自体は我ながらなかなか

うまく描けた。

 しかし、背景が気に入らない出来になってしまった。

 

写真で写っている背景は、ピントがセッカに

あっているため、葦原がぼけているもの。

初夏なので、緑、黄緑、黄色、といった色が

きれいにぼけている。

ゆえに、それがなにか、は分からないのだが、

きれいな空気、気持ちいい日の光、そして

元気のよい初夏の若草、といったものが、

ぼけた色の中から感じられる。

 

これらを表せたらいいな、と、

光を表すなら、水彩でしょ!

と、緑、黄緑、黄色の水彩色鉛筆の色を

水をたっぷり含ませた絵筆にとって、

さっと塗ってやった。

 

1色目、薄い色から、と思って、一面に

薄い黄緑をまず塗った。

光があふれている感じがとてもいい。

 

そう・・・ここまでは、よかった。

 

しかし、2色目の緑を同じように塗ると、

この緑色は、黄緑色との境が線でできてしまい、

写真のような、じわっとしたグラデーションにならない。

あら・・・イメージと違う・・・

と、この淵の線をみずで溶かしてなんとかなくそう、

と思うのだが、思うようにいかなかった。

 

水彩画の場合、ここからやり直しができない。

せっかく、セッカがうまく描けたのに・・・

ちょっと残念。

 

でもまあ、これも勉強、と思い直して、どうしたらよかったか、

を後手になってしまったが、考えてみることにした。

100均で購入した絵画用はがきを

練習用の紙にして、「ピンぼけの表現はどうしたらうまくかけるか」

というのをいろいろ試してみた。

 

結論としては、水彩は難しかった。

水彩でやる場合は、グラデーション用の水と絵の具を

事前に作っておいて、それを意図したにじませ方で

一気に仕上げることが必要そうだ。

絵画初心者の自分にそういうテクニックはない。

まあ、それでもいろいろがんばってみると、

抽象画っぽい表現になって面白くは感じた。

しかし写真のバックのピンボケみたいな表現は難しい。

 

まあまあ近いかな、と思ったのは、油性色鉛筆でのハッチング。

基本の技術だと思うが、それでそこそこ表現できた。

そのやり方だが、とにかく力をいれたらだめ。

極々、極々、軽く薄く色を置いてやる。

色が濃いところは、ハッチングの線を縦横斜めで

徐々に濃くしてやる。

グラデーションのところは、このハッチングの割合で、

作っていく。

これで、写真で見えた通りの色を、時間をかけて

おいていく、ということで、まあまあできた。

根気が要る。

 

ここで思ったのが、そもそも背景であり、主役ではない。

そこまでしてやるものか、ということ。

ボケなので、なにがうつっているかはわかりようがなく、

なにかに似せてやる必要はない。

空気感、光の具合、といったものがだせればいいだけなのだが・・・。

 

まあ、趣味で描いているのだから、

ゆっくり、いろいろ試していこう。 

<過去の今日>

 2023-06-11 ■2023-06-10(土)「回復ラン」を意識して

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/11/0907162022-06-11 ■2022-06-10(金)ワクチン摂取の翌日

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/11/183512

2020-06-11 ■20200610(水)ハンカチを持ってランニング。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/11/073652

2019-06-11 ■20190610(月)梅雨入り

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/11/123000

2018-06-10 足音を静かに

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180610

「5kmのランニングコースをアレンジした」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170610

「山中にてバードウォッチング」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160610

「一流だけが見どころではないだろう」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150610

「故障の状況」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140610

「山のことを書こうとして」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130610

 

■2024-06-09(日)山登りのあとの筋肉痛

昨日の山登り、ゆっくり歩いたのだが、

やっぱり、多少の筋肉痛がでた。

降りてくるとき、少しスピードを

上げたので、なるかもな、と思っていたので、

まあ、想定内。

で、身体の使い方がどうだったのか、

というのが、その痛む場所でわかる。

 

よくない場所は、太ももの全面。

ここが痛くなるという場合は、

距離がもう少し長ければ、膝の外側に

痛みがでることになる。

そうなると、もう走ることはできない。

ずっと昔、トレランレースの初回とかで、

このひざ痛がでてしまい、

最後の数キロはずっと歩きになってしまった。

しかして、今回の筋肉痛だが、

ここではなく、お尻の上というか、

腰の下の部分。

ここに筋肉痛がでる、ということは、

身体の背面の筋肉を使えている、ということ。

これだと、まだまだ膝の痛みにはならない。

ということで、よい身体の使い方ができていたのかな、

と思う。

 

おそらく、スピード系の能力を上げることは

できないかな、と思うが、

壊れにくいというか、粘り強い脚を作るには、

山登りというのは、最高なのではないかと思う。

 

 

夏の間は、ランニングレースはほぼない。

その間、山登りをしてみるのも

面白そうだ。

ちょっとどんなコースが近所にあるのか、

調べてみよう。

 

<過去の今日>

2023-06-10 ■2023-06-09(金)リスク管理について テニス女子仏オープンから

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/10/175858

2022-06-10 ■2022-06-09(木)3回目のワクチン接種をした

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/10/081001

 2020-06-10 ■20200609(火)昼休みのランニング近況

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/10/075635

2019-06-10 ■20190609(日)引っ越し準備着々と

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/10/123000

2018-06-09 山でのバードウォッチングは難しい

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180609

「睡眠不足」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170609
「ひさびさの飲み会とダイエット」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160609
「風邪ひいた」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150609
「今週末に向けて」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140609
「赤坂山、三国山、大谷山」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130609

 

■2024-06-08(土)高鈴山にのぼってみた

いつも助川市民の森でバードウォッチングしているが、

今日は、その奥に位置する高鈴山に登ってみた。

助川市民の森の駐車場から、2㎞くらいのところにある、

「おむすび池」から、登山道にはいるもの。

そこからの山頂までの距離は約5㎞。(ガーミンでの計測による)

ひさしぶりの山登り。いい天気で、楽しかった。

 

助川市民の森の駐車場をスタートしたのは7時。

それなりに早くしたのは、もちろん、バードウォッチングを

しながら行こう、と思ったため。

しかし、往路はなかなか鳥と会えなかった。

ただ、これは仕方ないかな、と思う。

初めて登る山においては、山頂まで

どのような道なのか、を知らないわけで、

もし、とても厳しい道があったら・・・と思うと、

「途中でじっくり止まって、鳥を探す」

というのは、しにくかったもの。

それでも、鳥のさえずりとかが聞こえると、

立ち止まって探すことはできる範囲でしたため、

往路だけで、3時間超、かかってしまった。

7㎞で3時間超だから、かなりゆっくりだ。

 

では、道が険しかったのか、というと、

まったくそういうことはなかった。

もちろん、登りではあるが、総じて緩やか。

しかも尾根にそったところも多くて、歩きやすい。

過去の山道でいうと、「鎌倉トレイル」と

ちょっと似ている感じ。

トレイルランニングしても楽しいかな、と思ってしまった。

 

で、バードウォッチングの方だが、

往路は、上記のとおり、「初めての道」

ということで、ちょっと落ち着きが足りなかったのか、

「見つけるけど、写真にうまく撮れない」というのが

続いてしまった。

キセキレイキビタキイカル、とかに会えたのだが・・・

 

で、山頂はとても景色がいいところだった。

日立側は海まで見える壮大な景色。

天気も良くて最高だった。

きれいな蝶が飛んでいて、撮影で来た。

 

ひとしきり、ゆっくりした後、下りに入ったが、

今度は道を知っているし、

見つけやすそうな場所も、つかんでいたので、

しっかり、鳥を見つけて写真に収めることができた。

キビタキは、お約束で撮れたのだが、

そのほかに、オオルリ、そして、オオルリのメスが撮れたのが

自分としては、うれしかった。

 

以上、さくさく降りてきて、帰りは、

下りだったこともあるが、12時ちょっとすぎに

駐車場に戻ってきた。

2時間かからなかったということだ。

 

自分としては、少し長いが、

「午前中で帰ってこれる」ということが確認できたので、

また、今度は季節を変えて、登ってみようと思う。

 

やっぱり、山登りは楽しい。 

 

<過去の今日>

2023-06-09 ■2023-06-08(木)100円ショップのポンチョ

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2023/06/09/080817

2022-06-09 ■2022-06-08(水)雨の日の通勤ラン

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2022/06/09/080830

2020-06-09 ■20200608(月)夕食後のハーブティー

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/09/080038

2019-06-09 ■20190608(土)体重コントロールについて

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/09/123000

2018-06-08 シャーペン筆記での筆圧

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180608

「モンゴル料理」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170608
「順調に減量中」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160608
「ひとりの趣味」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150608
「まあまあの休日」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140608
「白いノート」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130608