■2022-06-24(金)腰痛になった

大学生のときにぎっくり腰をやってしまって、

腰痛がいかにつらいかは知っている。

ただ、どうしてそれが発生するか、は

よくわからない。

今日は、朝なんとなく痛いな、

と思ったが、それほどではなかったので

いつものように通勤ランをして出社。

その後、椅子に座って仕事をして

1時間くらいたっただろうか、

立ち上がってみると、痛みで思わず

前かがみになってしまい、腰が

伸ばせない。あたたた、とまた椅子に

もどってしまった。まずい。

ただ、すわっていると全く痛くなくて、

立ち上がるのも、ゆっくり立ち上がって、

少しずつ動かしていったところ、なんとか、

歩くことは、問題なくできた。
(お手洗いへいってきた)

やれやれ、最悪の状況ではない。

 

と、ここで、仕事中ではあったが、仕事の

効率にもかかわることだから、と思い、

15分くらい、ざっと腰痛の発生原因と対応に

ついて、インターネットであたってみた。

自分の場合「腰がひっかかったような感覚で

痛みが出て、うまく動かせない」ので、

それを打ち込んでみる。

 

結果は、この症状は、
「腰というより、仙骨の痛み」で

この仙骨のまわりの筋肉がこわばってしまい、

骨盤の角度がスムーズに変えられない状況、

とのこと。

なので、この骨盤の角度を、動きやすいところに

なんとかもっていってやると、その範囲での

動きができるようだ。

ただ、逆に言うと、骨盤が後傾しているのに、

無理に走ってしまえば、ひどいことになりそうだし、

動きがわるいときに、限界を超えて動かすと、

おそらくそれが、ぎっくり腰、なのであろう。

 

実は、「仙骨の周りの筋肉がこわばる」という

原因は、思い当たる節がある。

前日の昼休みランで、なぜか調子がよくで、

そのコースでのベストタイムがでていたもの。

調子がよかったので、ピッチストライドとも、

自分としては、ほぼ限界まで使ったと思う。

で、このときはなんともなかったのだが、

夜は、太ももの裏、つまりハムストリングス

かなりの張りがあったのを覚えている。

おそらく、この筋肉がバキバキにこわばっていて、

それが仙骨周りの張りにつながり、腰痛に

なっているのであろう。

・・・と納得した。

 

であれば、十分そこをほぐしてやれば、

大丈夫なはず、ということで、帰宅時のランニングに

おいては、それを十分やってみたところ、

予想通り、動けるようになった。

しかし、疲れていてこうなっているのだから、

ぜったいに無理をしてはいけない、と思い、

キロ9分という、速歩きくらいのスピードで、

気持ちとしては、脚の筋肉をほぐすつもりで

ゆっくり帰った。というか帰れた。

よし、原因がこれなら、しっかり休んで、

筋肉の張りをとることだ。

土日は、ゆっくり休むことにしよう。

 

<過去の今日>

2021-06-25 ■20210624(木)パソコンのTO DDとノートのTO DO

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/06/25/074921

2020-06-25 ■20200624(日)部屋や机の廻りの整理

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/25/072827

2019-06-25 ■20190624(月)横浜みなとみらいベイバイク

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/25/123000

2018-06-24 休日のブログ

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180624

「やっと雨」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170624

「体重減でのランニング」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160624

「お気に入りのトレランコースがほしい。」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150624

「ストリングスの筋肉拘縮」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140624

「音楽はライブにもどる」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130624

■2022-06-23(木)パーカッションについて思うこと

ここ1か月、トラベルカホンという

「膝の上において叩く板」

といった感じのカホンを毎日30分程度

叩いて楽しんでいる。

いつもこの時間は、ギターを弾いていたのだが、

左指親指を故障して、ギターが弾けないもの。

 

で、カホンだが、思いのほか楽しい。

まず教則本で10分くらい弾くが、

これは準備体操。

あまり楽しくないが、とりあえず

「教科書にのっている叩き方」を

練習している。

あまり楽しくない、と記載したが、

すこしずつ弾けなかったパターンが

弾けるようになる、という状況もあるので、

そういうところは面白く感じている。

 

で、その後、ユーチューブで

音楽をかけて、それに合わせて自由に叩く。

これが楽しい。

 

やっぱり音楽はリズムだ、

と感じながら、自由に叩く。

こちらは、叩く場所や叩く手の形で

いろいろ音が変わることを体感しつつ、

その音色の変化を曲に合わせていく、

といったことが思いのほか楽しい。

 

で、昨日ふと

「これだけ楽しいのだから

  人前でも弾けないだろうか」、

との思いが浮かんできた。

 

で、実際やるとすると・・・と

考えたのだが、すぐに

「あ、ソロではできない楽器だ」

と気づいた。

 

試しに、ユーチューブをとめて、

カホンのみで、ポコポコと叩いてみたが、

よほどの技術がないと、メロディーなしの

パーカッションのみで聴かせる演奏というのは

できない。

しかし、どなたかと合奏して、

というのは、その練習ができない環境の

自分としては無理。

 

なるほどパーカッションというのは、

そういうものなのかな、と思った。

そういう意味でいうと、ギターというのは

ソロでも十分楽しくて、その演奏を

人前でやれるレベルにすることも

頑張れば可能だ。

ギターはやはりすごい楽器だな、ということも

思ってしまった。

 

<過去の今日>

2020-06-24 20200623(火)なくしやすいもの

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/24/073730

2019-06-24 ■20190623(日)昔の船乗り病から考える。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/24/123000

2018-06-23 夏の鳥見

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180623

人工甘味料
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170623
「家内も回復へ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160623
「鉛筆の書き味」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150623
「ホームセンターは侮れない」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140623
「雲谷山へ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130623

 

■2022-06-22(水)来月のクラスタフリーコンサート

クラスタのマスターから、

来月どうしますか、とのメールが届いた。

現在の指の状況からすると、ちょっと難しいかもしれない。

で、少しだけ、ギターを触ってみた。

やはり痛い。

 

そこで、できるだけ親指に負担を

かけないように、と思って弾いてみると、

 ・バレーフォームを使わない。

  (もちろんカントリーグリップは絶対に使わない)

 ・ストレッチフォームを使わない。

であれば、なんとか弾けそう。

ただ、そうすると、単音か、

単音プラスベース音といった程度の

簡単な曲しかできそうにない。

 

加えて、少し弾いただけで、

相応の痛みがあったので、長い練習はできない。

 

以上を勘案すると、

自分としてもっとも手軽な

「C(もしくはAm)で鼻歌みたいに弾く」

ということでいくしかないかと思う。

練習が少ない状況で、みなさんの

前で弾くのは気がひけるが、

まあ、自分の場合は、弾く楽しさ半分、

もう半分は聴く楽しさだ。

 

なんとかなるかな、と参加の返信を発信した。

いい時間になりますように。

 

<過去の今日>

2021-06-23 ■20210622(火)ある年に流行った曲

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/06/23/074022

2020-06-23 ■20200622(月)ギターの音作り

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/23/082231

2019-06-23 ■20190622(土)ネックレスト

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/23/123000

2018-06-22 頬は腫れたが、なんとか過ごす。

「「デジタル疲れ」の意味」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170622
「自分はなんとか復活したが・・・」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160622
「「100億超の報酬」か・・・」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150622
「ビーチサンダル改造ワラーチ作成」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140622
「山登りの後、考えたこと」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130622

 

 

■2022-06-21(火)通勤ランのコース

3月から日立での通勤ランを始めているので、

現在、3か月半続けていることになる。

走るコースは、現状3つ。

一番短いコースで3.6㎞。

残りの2つが3.7㎞、3.9㎞。

一番短いコースは普段は使わない。

一番短いのだが、途中に常磐線

踏切を2回通る為、電車が来ると

待たねばならないため。

 

残りの2コースだが、長い方を選んで走っている。

 

短い3.7㎞の方は、アップダウンが

少ない。きつい上り下りは1か所のみ。

故に、楽に走れるのは、おそらく

こちらになる。

 

一方、3.9㎞のコースは、4回の上り下り。

つまり距離もちょっと長いし、

アップダウンもたくさんのコース。

普通は、こっちは選ばないかな、と思う。

しかし、自分としては、こちらのほうが

走りやすい。

アップダウンはあるのだが、1つ1つは

それほど長くなく、アップダウンも

それほどきつくない。

そうすると、少しスピードが

抑えられるところと、

少しスピードが上がるところが

でてくる。

これがいいところ。

要するに単調になりにくい。

 

これからどんどん暑くなって、

走るのが、つらく感じる季節になる。

もし、頑張れなくなったら、

自転車通勤に切り替えることも

頭の片隅にはある。

でも、今は走る気持ちよさがある。

できるだけ続けていこう。

 

<過去の今日>

2020-06-22 ■20200621(日)野鳥のひな観察

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/22/074449

2019-06-22 ■20190621(金)頭で考えることと身体で感じること

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/22/123000

2018-06-21 歯根の“手術”

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180621

「英語の会議」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170621
「完全病人モード」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160621
「土日のランニングその3」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150621
「渋谷の東急ハンズへ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140621
「サッカー残念」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130621

 

■2022-06-20(月)パソコンでのフォントの選択

パソコンでのフォントとか、、

自分は全く気にしないタイプ。

ただ、会社の仕事では、機能面において1つだけ

気にしているところがある。

それは、段落の隙間が狭くできるかどうか。

フォントによっては、行間を狭くする機能が

使えないものがある。

それが使いにくくて、そういうフォントは

極力使わないようにしている。

 

それ以外には、まったくコダワリはない。

 

しかし、先日、いろいろなフォントを使ってみる事が

あって、そうして使ってみると、

ずいぶん、フォントによって印象が

変わるのだ、と認識した。

「気分よく使えるフォント」

というのが、自分にもありそうに思う。

 

で、じゃあ、と思って、いろいろな

フォントを選択してみると、

かなりの割合で、選択したものが

反映されない。

なるほど、そのフォントがパソコンに

入っていない、ということであろう。

 

あまりよくばらず、

「不便でないものを使う」

しかないな、と思った次第。

いつか定年退職したら、

自分のパソコンを持って、

こういう細かいところにも

こだわるのもいいかな、と思う。

 

<過去の今日>

2020-06-21 ■20200620(土)#214クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/21/083423

2019-06-21 ■20200620(木)東京出張は日比谷のビルのオフィス。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/21/193449

2018-06-20 テレビを観る時間が増えた・・・。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180620

「アウトプットの仕組み検討」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170620
「腹痛でダウン」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160620
「土日のランニングその2 ひざの痛み」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150620
「ルナサンダル感想:よくできてる」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140620
「電子レンジごはん」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130620

 

 

■2022-06-19(日)山歩き

今回も楽しかった。

そうしてみると、前回中止と思い込んでこなかったことが本当に残念。

 

ということで、今回の感想です。

 

NOTE>演奏者、演奏曲はクラスタHPからです。マスターいつもありがとうございます。

今日は午前中、じっくり近所の山である

助川市民の森を歩いた。

鳥と昆虫と花を見ながら、

適当に歩いたが、延べ10㎞。

相応の距離になった。

 

10年前くらいは、トレランを少しやっていて、

山の楽しみ方は、走り回って道の

変化とかを楽しんでいたのだが、

今は、カメラを持って、山の中の

いろんなものを楽しんでいる。

 

メインは鳥だが、この時期は、

木々の葉が生い茂り、鳥を見つけて

カメラにおさめるのは、かなり難易度が高い。

しかし、自分は見つけること自体を

楽しいと思っているので、こういう

環境でも十分たのしかったりする。

今日は、ホオジロイカル、サンショウクイ

シジュウカラヤマガラコゲラ

写真におさめることができた。

また、さえずりは、

トラツグミサンコウチョウ

キビタキとかが聞こえたので、

こちらもその内カメラに

おさめたいものだ。

 

昆虫は名前はわからないが、

いろいろとれて、これも

なかなかおもしろい。

きれいなものではやはり蝶。

そしてトンボ。

その他、名前はわからないが

形や色が面白いものは、

よくみるとたくさん会うことができる。

 

夏の暑さの中だが、あっという間に

午前中が終わってしまった。

楽しかった。

自分にとっての夏のアウトドアは、

これだな、と思う。

また来よう。

 

<過去の今日>

2021-06-20 ■20210619(土)#226クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/06/20/102634

2020-06-20 ■20200619(金)軽い腰痛

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/20/232550

2019-06-21 ■20190619(水)日帰り出張3連続

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/21/192717

2018-06-19 ワールドカップ日本戦

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180619

「朝ブログを書く」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170619
「久しぶりの演奏会」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160619
「土日のランニングより」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150619
「サッカー」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140619
「このところのギター状況」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130619

 

 

 

■2022-06-18(土)早く治したい左手親指

第3土曜日。いつもの状態であれば、

クラスタのフリーコンサートで楽しんでいる日なのだが、

今回は欠席。左手の親指の調子がだめなため。

現在の調子は、やっとはね指みたいな

コキっと関節が外れるような状況になってしまう

ことはなくなった。

しかし、それは、指が治りかけであるからと

思うが、第一関節、第二関節とも、

自分の意思で伸ばすことができなく

なってしまった、という状況。

なので、治ってきたといえば、

治ってきているのだろうが、

このあと、ちゃんと伸ばせるように

なるのだろうか、という不安も生じる状況。

で、無理に伸ばすと

(ものをつまむような動作をすると

 そうなるのだが)

親指の付け根の内側の筋肉が

じいんと痛みを感じる。

関節がいたくならないように、

筋肉ががんばりだしているのかも

しれない。

以上状況からすると、このまま

一旦親指を伸ばさない状況で

普通に過ごして、それで伸びなくなったとしても、

痛みがなくなった状況にもっていってから、

リハビリで指がもとの通りに

動かせるように、運動していくことが

よいのだろうと思う。

ということで、まだしばらく

時間をかかりそうだ。

来月はなんとかでたいと思うのだが・・・。

<過去の今日>

2020-06-19 ■20200618(木)久しぶりのクラスタフリーコンサートに向けて

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/19/074653

2019-06-19 ■20190618(火)無地のノート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/19/220728

2018-06-18 家内のつばめ観察

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20180618

「音楽雑誌とカメラ雑誌」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170618

「パピリオ(×6.5)最高」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160618

「自由化の価値観」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150618

「2週間くらい」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140618

「危険なトレラン関係の物欲」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130618

 

<過去の6月のクラスラフリーコンサート>

2021-06-20 ■20210619(土)#226クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/06/20/102634

 

2020-06-21 ■20200620(土)#214クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/06/21/083423

2019-06-16 ■2019年6/15(土)第202回クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/06/16/123000

2014-06-14 #142回クラスタ・フリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20140614

2012-06-17 #118クラスタ・フリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20120617

2008-06-15 #70クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20080615

2007-06-17 #58クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20070617

2006-06-18 #46クラスタフリーコンサート

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20060618