■2022-01-28(金)「100回の練習より1回の本番」からの2つの考え

「100回の練習より、1回の本番の方が身になる」

といったいい方をよく聞く。

自分としては、毎月のクラスタでのフリーコンサートで

実感としてわかる。

 

で、じゃあ本当に身になる練習というは、

ということを考えてみた。

自分の中には、2つの考えが浮かんだ。

 

1つは、

「常に本番のつもりで取り組む」

というもの。

普段の演奏は、すべて本番と同様になれば、

演奏の技術としてすごいことになっていく

だろうな、と思える。

おそらくプロの演奏家は、日常の仕事

がまさしく本番なので、こういう状況だろうな、

と思う。

普通の方とは一線を画するレベルになっているのが

この方々の普通なのかもしれない。

実際、インターネットでは、プロかどうかは別にして

常人離れした方をたくさんみることができる。

 

次にもう1つの考えとしては、

「1回の本番に向けてピーキングしていく」

という考え。

実力以上の境地に一時的にでも

達することができないか、として、

計画的にハイレベルになれるかもしれない

対応をとっていくこと。

ずっとそのレベルにいるのが難しいと思われる

ラソンの練習とかが代表的だ。

で、演奏においても、普通の人が、

「すごく集中してできる時間」

というのは、限られていると思う。

そういう「すごく集中する時間」を

意識的に調整してできるようにすると、

ちょっとだけ、高いレベルの演奏が

可能なのでは、といった考えが浮かんだもの。

 

以上2つの考えだが、音楽というは、

リラックスしてやるもの、とすれば、前者の

いつでも高いレベルでいることを

めざすのがよいのだろうな、と思うし、

ハイレベルでの演奏は体力と気力がいるのだから、

長い時間はそもそも無理で、そういう時間を

きちんと意識して作る、となれば後者に

なるであろう。

 

いずれにしろ、人生は限られた時間。

演奏の時間もできるだけ楽しい時間にしていこう。

 

<過去の今日>

2021-01-31 ■20210128(木)マスクの威力

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/31/202909

2019-02-01 ■1/28(月)サッカー日本決勝進出おめでとう。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/02/01/175847

福岡へ鳥見遠征

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180128

「カツオドリを見に行った。」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170128
「75度のウォッカ
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160128
「家内引き纏めへ」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150128
「新しい経験を追うこと」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140128
「トレッキングポール購入」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130128

■2022-01-27(木)右手の指の使い方

今更だが、右手の指で速いメロディーを弾くのに

苦しんでいる。

というか、ある程度の速さで弾けるように

徐々になっているような気がするのだが、

そうしたところで、うまく弾ける指の順番と

弾けない順番があるな、と気づくようになった。

 

つまり、

「もっとも上手く弾ける

 指の使い方で弾いて弾けるようにする」

ということがよいのかな、と思える。

 

ただ、これを瞬時に判断することって

できるのだろうか、と思ってしまう。

それよりも、

「どんなフレーズも、人差し指と中指を

 交互に使って弾けるようにする」

というのが正のような気もする。

 

おそらく正解はないのではないだろうか、

と思うので、自分として、一番弾きやすい考え方は

どうなのだろう、というのをいろいろ集中的に

試してみようと思う。

 

<過去の今日>

 2021-01-31 ■20210127(水)観葉植物

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/31/192557

2019-02-01 ■1/27(日)穏やかな諫早干拓にてhttps://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/02/01/175443

3拍子ランニング

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180127

「走歴6年3か月」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170127

「マイナス30℃の世界」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160127

「リバーブなしで」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150127

「勝田マラソンの反省とメモ(翌日の状況から)」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140127

「はしりはじめたころ」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130127

■2022-01-26 (水)ランニングのフォームの状況

朝夕の通勤ランは、本当にゆっくり走っているが、

フォームについては、いつもいろいろ考えている。

というか、フォームについての意識の持ち方を

いろいろ試している。

このところは、膝から下については完全に脱力して

「腿から上のみを動かして走る」という意識を

試している。

1つは、昨年秋にふくらはぎを使い過ぎて

故障したことを受け、そこに負荷がかからないように、

ということ。

荷物を背負っているため、速くは走れないし、

その状況でばねを使って走ると、すぐに

ふくらはぎが疲れてしまう、ということもある。

もう1つは、足の股間接をしっかり使う、

というイメージ。

以上2つの意識で走っている。

結果として、腰の位置が低くセットされるような

気がして、「腰高」というイメージとは逆の感じ。

ただ、それが悪いとは思わないので、

しばらく続けてみようと思う。

この感じで、昼休みはスピードを上げているが、

そこでタイムがよくなれば、

フォームとしては良い方向、悪くなれば、

修正が必要だ、と判断することとしよう。

 

<過去の今日>

2021-01-31 ■20210126(火)ルーチンを大事に
https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/31/190453

2019-02-01 ■1/26(土)クビトバさんもすごかった。
https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/02/01/174726

食事を楽しむために

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180126

「崩して弾こう」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170126

「ぎりぎりの長崎出発」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160126

英語ができればいい、というわけではない。」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150126

勝田マラソンの結果」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140126

鎌倉ハイキング

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130126

■2022-01-25(火)ギターは両手で弾く、という感覚 

 昨日、ギター演奏で、自分が現在できていない

という技術面で思うところとして、右手の、

人差し指、中指を交互に使うピッキングのスピードが

足りないと記載した。

もう1つ、足りない、と思っている

基本的な技術が1つあるので、それも記載

しておく。

それは、左手の押弦。

自分は、元々コード弾きの伴奏からギターを

始めたので、左手の押弦は、右手で撥弦の準備みたいな

感じで、撥弦のタイミングより早く押さえている。

 

しかし、これがよくなくて、特に、

同じ弦を弾く場合は、元の音が十分伸びず、

音が滑らかに繋がらないように聞こえてしまう。

いろいろ試してみると、

「右手で撥弦するタイミングと、左手の押弦のタイミングは

  ぴったり一緒が一番いい」

というように感じた。

つまり、ギターの音は両手のタイミングをぴったり

合わせて弾くのがよい、ということ。

すごく基本的なことと思うのだが、自分は

これを意識しないと、左手が、早め早めに押さえに

いってしまう。

 

これは、初心者がエレキギターの速弾きの練習で、

テンポをいきなり速くして練習してしまう際の

良くない例、として、紹介されていて、

指弾きの自分で、これが当てはまる、

と思ったもの。

注意して弾くと、ずいぶん音がきれいに

なった。

 

「意識してやれば治る」、

ということも感じたので、とにかく強く

意識していくつもり。

 

以上、昨日の右手指を交互に使って

スピードを得ることとの2つ、

どこまで改善されるか、わからないが、

とにかく意識していこう。 

 

<過去の今日>

 2021-01-31 ■20210125(月)新しいキーボード

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/31/185527

2020-01-26 ■20200125(日)生ギターの音https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/01/26/090656

2019-02-01 ■1/25(金)1月を振り返ってみて

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2019/02/01/174241

「気持ちよい字」は、線のきれいさから

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180125

写真の好みから考える」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170125

長崎の記録的大雪

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160125

「週末の手料理

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150125

明日マラソン本番」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140125

はてなダイアリー10周年おめでとう!」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130125

■2022-01-24(月)1音1音をしっかり出す

ギター演奏というか、楽器演奏にておいて、

最も基本的な技術である、

「1音1音をしっかり出す」

というのが、自分のギター演奏の

弱点にある、とこのところ、

改めて感じている。

50代半ばになって、何をいまさら、ではあるが、

気持ちよく弾きたい、という気持ちからであり、

今からでもなんとかしたい。

 

特に、すごい、と驚くようなスピードの

フレーズが弾けるようになりたい、というのではなく、

「16ビートの曲で、粒のそろったメロディを

 きちんと弾けるようになりたい」

ということ。

 

現状の自分の演奏を改めて顧みてみて、

できない理由はシンプルで、

右手の人差し指中指(もしくはこれに加えて薬指)

を交互に使って滑らかに、音の粒が指で

変わらないように弾く、というのが

できていないから、と思った。

だから、トレモロとかもできないのであろう。

これから先のギター演奏を楽しんでいくに

あたって、なんとかしておきたい技術だ。

 

しかし、これまでできなかったものが

できるようになるのか。

習いに行ってみる、というのが1つの対策だが、

今の仕事の状況からすると、それは難しい。

しかし、今のご時世、インターネットでいろいろな

情報が手に入る。

まずは、それでいろいろ勉強してみよう。

 

あともう一つ。

左手の技術でも、思うところがあるので、

これは明日のブログにて

 

<過去の今日>

2021-01-24 ■20210124(日)テキスト入力アプリを試してみた

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/24/184927

2019-01-24 一人タイムトライアル

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20190124

「ピック弾きの状況」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180124
「FB(フェイスブック)の状況」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170124
「おめでとう琴奨菊
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160124
「傘の忘れ防止法」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150124
「週末のマラソンに向けて」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140124
「ブログアップが遅れるとき」
http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130124

 

 

■2022-01-23(日)ラジオで大相撲をききながら

ラジオで大相撲をやっているときは、

それを聴きながらのゆっくりランがお気に入り。

 

ランニングもいろいろフォームを

考えながら走るときは、もちろん、ラジオとか

聞かないで走るが、ゆっくり、健康維持のため、

のランニングでは、ラジオを楽しみながら

時間を感じずに走るのがいい。

 

今日は大相撲の千秋楽。

17時半には、最終取り組みとなるので

これはテレビの画像でみたい。

つまい17時には、走り終えたくて、

10km走るのであれば、1時間ちょっとはかかるので、

15時から走り始めた。

 

ということで、ラジオで各力士の今場所の

最後の取り組みを楽しみながら走ることができた。

 

そして、千秋楽、照ノ富士は足のケガがありながら

お疲れさまでした。

御嶽海、おめでとうございます。

大関なれると思います。

 

<過去の今日>

2021-01-24 ■20210123(土)雨の週末https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/24/184853

2020-01-24 ■20200123(木)電子メモパッドhttps://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/01/24/123000

2019-01-23 電話会議

「就寝時の湿度管理」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180123

「タイムからの反省」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170123

「会社のパソコンがダウン」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160123

「2か国語を使うこと」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150123

「マスクの使い方」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140123

「アウトドアギターって楽しいだろうか」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130123

■2022-01-22(土)フルーツティー

このところ、夕食後にフルーツティーを飲むようにした。

ダイエットに有利と思ったから。

 

夕食後、ちょっとだけ甘いものをとるのを

自分自身に許容しているのだが、ちょっとだけ食べると、

どうしてかもっと食べたくなってしまう。

それを我慢するのは、なかなかのストレス。

 

そこでフルーツティーだが、香りが甘い。

甘い食べ物ではないのだが、明らかに甘い。

従い、それをゆったり飲むことで、

なんとなく、甘いものを食べている気になれる。

ということで、結果として余計な甘いものを

たくさん食べてしまうことを回避することが

できる。

 

もちろん毎朝の体重測定はしていて、

ストレスを感じながらも、数字から

「今日は甘いものは取らない日」

とか、律していけばよいのだが、

そういう強い意志が持てない状況で、

フルーツティーは強い味方になっている。

 

以上、素直に美味しいとも思うし、

フルーツティーを飲む時間を楽しい時間としていこう。

 

<過去の今日>

2021-01-24 ■20210122(金)昼休み・・・

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2021/01/24/184615

2020-01-23 ■20200122(水)抜歯後の状況

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/2020/01/23/123000

2019-01-22 駅伝のタイムについて。

https://y1kirihara.hatenablog.com/entry/20190122

「新年会」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20180122

「会社の駅伝大会」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20170122

U23日本サッカーに思うこと」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20160122

「好きなメロディーと」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20150122

「昨年のDNF反省」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20140122

「走りたいけどかなり寒い」

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/20130122